ポポロのアパレル日記

刺激的な事と服が好きなポポロのブログです。競馬、洋服、スイーツが好き。最近ははNetflixでテラスハウスを見ることにはまっている。

オーダースーツを作ろう!【オーダースーツ/ビジネス】

カッコイイスーツの選び方を学ぼう!!

f:id:poporotan:20190610163625j:plain

 

 

 

オーダーには3種類

①パターンオーダー

価格は3万円から10万円前後

低価格なので初めてオーダースーツを作る方にはオススメ。

店舗にあるサンプルを試着しながら、微調整をしていくというもの。

縦寸法と呼ばれる着丈や袖丈の調節はできるが、横寸法である横幅の調整はできないので猫背や怒り肩の体型補正はできない。猫背や怒り肩の気になる方はイージーオーダーすべき。

②イージーオーダー

価格は4万から15万円程度

 生地を選んだ後に、身体の全てを採寸し、パソコンにデータを落とし込み体形にあうサイズを作り出す。横寸法も調節できるのがパターンオーダーとの違い。

 ③フルオーダー

価格は20万円から〜

 仕立て屋が身体の全てのサイズを採寸し、スーツを作っていく。

手足の左右差、体の捻れなどのクセを見極め作り上げていくもの。

特徴としては、一度仮縫いが行われるため、そこから再度微調整が可能。

手間と時間がかかるが、自分の要望全てを叶える夢の1着を作りあげる事ができる。

 

既製品かオーダーか?

 もし既製品で同じ生地やデザインであっても、採寸というたった一手間加えるだけで値段は倍以上に跳ね上がる。もちろん、オーダーする人の目的というのは自分だけの1着のためにお金を支払う。あなたは、本当にオーダーしてまでスーツを買うべきなのか?

 

オーダースーツを作る時に、採寸するのはもちろんその道のプロであることは変わりない。わからないことはなんでも教えてくれる。ただ、お客の好みを完全に理解しきることは非常に難しいことなのだ。

 

例えば、美容院でこう聞かれる

Q.どのようにされますか?

自分のしたい髪型があらかじめ決まっており、相手のわかるようにそれを具体的に伝えることができるだろうか?

自分はうまく伝えきれずに、切り終わった髪型にげんなりしたことがある。

理想と現実のギャップを埋めきれなかったのである。

 

例えば、洋服屋で丈詰めをする際にはこう聞かれる

Q.どのくらいの長さにしますか?

A.あ〜、そんなもんで!

僕は何度か丈の長さを聞いてくる店員さんの顔色を伺いながら、長さを決めたのであった。

 

若者はピッチリとしたサイズ感でズボンの丈も足首が見えるくらいの長さが流行りになっている。一方で、おじさまはゆとりのあるサイズ感を好む。このギャップがスーツを頼む人と採寸する人にあったらどうだろうか?自分好みのサイズ感にならないことは言うまでもない。

 

オーダーする前に何着か既製品を着て、自分の好みを見つけよう!!

 

オーダーの流れ

①生地選び→②デザイン選び→③ディテール決め

正直なところオーダースーツはとても奥が深く、雑誌やインスタグラムで参考の理想のスーツコーデを探しておくと良い!生地は現地で触ることができるので、デザインはいくつか考えておこう!

スーツのデザインは、主に無地、チェック柄、ストライプの3種類!

シンプルな無地こそシルエットが良くわかる。

プラダのスーツなんてめちゃめちゃカッコイイじゃないか!!

無地ならネクタイもなんでも合うしシャツの柄でも遊びやすい。

www.instagram.com

 

ボーダーは縦にシュッと強調されるためにスリムに見えるという効果がある。

下のスーツは光沢があってパーティでも大活躍しそうだ。

www.instagram.com

窪塚洋介さんのオーダースーツは裏地にもかなりのこだわりを感じる。

裏地の色をネクタイで拾うことでバランスを保っている。

www.instagram.com

 一見、コーディネートが難しそうなチェック柄のスーツ。

これを着こなすだけでかなりオシャレな雰囲気が出る。

派手めの色で攻めてみようか?

www.instagram.com

 

 

ディテールに関してはなかなか拘りを持つことが難しいだろう。

ポケットの形、ボタンの素材、ステッチ、裏地、タックetc...

 

これだけは強く希望すべし。

パンツには必ずタックを入れるべし!!

立体感が出て綺麗なシルエットになる。これはブログ管理人ポポロの趣味趣向であり、流行によってタックが流行ったり、ツータックが流行りだったりあるが個人的にはワンタックが好き。迷ったら、タックを入れておこう。

 

あると便利な小物 

それは白色のポケットチーフ!

 ポケットチーフを合わせるときは、ネクタイの色に合わせることが多い。

これが良く見るパターンでかっこいいからだ。

下の写真の人は、小物でもゴールドを使いコーディネートを纏め上げており、小物の使い方が上手だなと感心する。

f:id:poporotan:20190611125429j:plain

 

 もう一つの合わせ方は、シャツの色を拾うという手法。

 1番良く使う白のシャツと白のポケットチーフをセットで使うのは非常に使い勝手がいい!ネクタイの色に合わせる必要がないし、結婚式でも使える。

とりあえず、白のポケットチーフを1枚は持っておこう!!

f:id:poporotan:20190611125732j:plain

 

パーティー用かビジネスか?

ビジネスマナーにおいて黒色のスーツはNG!

今、持ち合わせているスーツをよく考えて世界に1着のオーダースーツを作ろう!