ポポロのアパレル日記

刺激的な事と服が好きなポポロのブログです。競馬、洋服、スイーツが好き。最近ははNetflixでテラスハウスを見ることにはまっている。

夏のコーデは白Tシャツしかありえない!!【白Tシャツ】

f:id:poporotan:20190426162614j:plain

ワンポイントの白T

2019年4月26日

今年は異例の10連休のゴールデンウィーク

春の心地よい気候は終わりを迎えようとしている。

陽気な季節はほんの一瞬で、重ね着なんてもうできない。

Tシャツの上にシャツを羽織るので背一杯。

 

他の人とどうおしゃれに差異をつけるのか?

 

 

・夏は白Tでいいじゃないか!!

太陽が照りつける日中に黒のTシャツを着る?ありえない。

差し色に赤とか黄色とかのTシャツを着る?ありえない。

 

黒色は、ひたすらに太陽の光を吸収し側から見ていて暑苦しい。

個人的には、夏コーデの選択肢として黒のスニーカーも避けたい。

 

もちろん、色の濃いTシャツを着こなすことができればおしゃれ上級者だ!

しかし、汗が目立つようであれば本末転倒だからやめておこう。

 

・夏は白Tばかりでマンネリ化しない?

むしろ夏のコーデは悩む必要がなく、快適だと僕は思う。

選ぶのは、ジーパンにするのか、チノパンにするのか、パンツの種類と色だけでいい!

 1番かっよくて爽やかな夏のコーデが白Tシャツだから。

・白Tシャツの選び方

①サイズ感

体格や筋肉量、好みによってオススメのサイズ感は違う。

身体のメリハリを強調するために小さいものを選ぶのか?

少しダボっとしたサイズ感を選び、空気の通り道を作るのか?

 

→ちなみに自分はこれが好みで、着丈が長くなり過ぎないものを選ぶようにしている。

または、下を長ズボンではなく短パンを選ぶことで全体のバランスをとるように意識している。

 

②生地の厚さ

大切なことは、乳首が透けないこと!!

→個人的に乳首が透けているとだらしなく感じる。

洗濯してもくたびれない丈夫な生地であること。

→汗をかいてもガンガン洗えるものを選ぼう。

 

③値段

汚れたらすぐに買い換えることのできる値段であることが望ましい。

無地の白Tなら比較的安価で購入できる。

 

④ワンポイント

たまには、ブランドのワンポイントのロゴが入ったものや、プリントの入ったものを着ると飽きない!

 

 

 

・唯一のデメリット

黄ばみと繊維に入り込んだ頑固なシミ

この両者にはかなわない。

もちろん漂白剤やシミ抜きである程度は綺麗になるが、どうしても落ち切らない汚れだってある。

 

僕の経験談をもとに考察すると、

”白Tシャツは消耗品である”と考えることがベターである。

とある、飲み会で浴びるように飲んだ朝。

僕の白Tシャツは黄色に黄ばんでいた。言うまでもないが、飲み会の記憶がない。

つまり、自分の嘔吐物によって汚染されてしまったのだ。家で入念に洗ったものの綺麗になることはなかった。

それは新品のものでたいそう悲しかった。

 

 

夏の最強アイテムは白Tシャツ

お気に入りの一枚を見つけて今年も夏を楽しもう!

 

(ポロ ラルフローレン) POLO Ralph Lauren メンズ 無地 クルーネック Tシャツ ワンポイント0107190 [並行輸入品]

新品価格
¥3,680から
(2019/4/26 17:38時点)