ポポロのアパレル日記

刺激的な事と服が好きなポポロのブログです。競馬、洋服、スイーツが好き。最近ははNetflixでテラスハウスを見ることにはまっている。

ダイソーの100円の靴磨きで8万円の革靴を磨いてみた。

今回磨こうと思った靴は、このトリッカーズ(Tricker's)

新品で8万円前後で購入可能な靴高級革靴。

ヨーロッパのおしゃれな爺さんはみんな履いている。

スニーカーとはまた一味違った良さが革靴には存在する。

 

 

あなたはきっとこんなことを言われてきただろう...

「あんた、足何本あると思っているの!!」

「あんた、靴屋さんでも開くつもりなの!!」

シティボーイは言葉幾度となくこんな言葉に立ち向かってきたのだろう。

 

でも、新しく革靴を始めたなら大丈夫。

「一生モノの買い物だから」

この一言でイチコロ

さあ革靴を始めよう。

 

 

 

 

いい革靴を買おう!と思った時に

オールデン(ALDEN) VSトリッカーズ(Tricker's)

この図式が思い浮かぶのは私だけじゃないはず。

どちらもめちゃめちゃカッコいい事は言うまでもない。

f:id:poporotan:20190218131557j:plain

英国紳士御用達のトリッカーズ

そして今回は、茶色のカントリーブーツをダイソーの100円の靴磨きで磨いてみた。

なんとも邪道な...

 

 

日焼けのせいか、少しムラがある様に見える。

靴磨きでこのムラを隠していこう。

f:id:poporotan:20190218135132j:plain

磨く前の革靴

 

f:id:poporotan:20190218174316j:plain

磨いた後

右下に見えるのが今回使用した靴磨きクリーム。

店舗には黒と茶色の二種類があり、今回は茶色のクリーム単体で磨いた。

もし、つま先は暗めでグラデーションにしたいならば黒も必要だ。

 

磨き方

①シューズキーパーを入れ、シワを伸ばす。

→シワの部分に埃やゴミが溜まりやすく、ブラッシングする必要があるから。もしシューズキーパーがなければ、新聞紙詰める事でも代用可能。

②馬毛ブラシで埃、汚れを落としていく。

③柔らかい布切れ(要らないTシャツ)を使用して、靴を磨く。最初は薄く塗っていく。

2〜3回に分けて、クリームをなじませてゆく。

塗る場所は、先端部分のみ。

④布を水で濡らしてから、クリームを少量つけ再び磨く。

⑤光沢が出てきたら、仕上げに豚毛ブラシで優しくブラッシングする事でより光沢がでる。

⑥完成。

f:id:poporotan:20190218175538j:plain

左右差を比較してみた

 

磨いてみた感想

サフィールなどの老舗靴クリームと同様にきちんと艶を出すことが可能。

ただ、気になる点が一つ。

他のブランドの靴磨きクリームと比較すると、ダイソーの靴クリームはツンとしたにおいが気になった。一度使っただけでは革製品にどの様な影響があるのかはわからないが、艶出しや色の補正といった面では十分に使用できると感じた。

 

 個人的にはいい靴であればあるほどサフィールの様な老舗ブランドのものにこだわりたい。ツンとしたにおいもさほど気にならないから。ただ、そんなにこだわってなかったり、靴磨きクリームに1000円も払いたくない。って人にはかなりオススメ。

 

 

 

以上でダイソーの靴クリームのレビューを終わります。